データベースパブリッシング

カタログ+商品データベース

「カタログができたら、掲載商品のデータベースも同時に完成した」
カタログ制作の校了と同時に、カタログ掲載商品のデータベースを納品します。このデータベースをもとに、カタログ発行と共にウェブカタログ・ECサイト・パーツカタログシステム・モバイルコンテンツ・デジタルサイネージなど、さまざまなメディアやシーンに展開することが可能です。また、この商品データベースを中心としたワークフローは、データの安全性を確保し、ご担当者様の作業負荷を大幅に軽減します。

コンテンツ一元管理、スピードアップ、コスト(全体)削減を強力にサポート!

効率的な制作フロー

デザイン・レイアウト・データメンテナンスの各作業を切り分けて進めることができます。

商品情報データベース

カタログ制作の過程で入稿された商品のスペックや画像など、カタログに掲載する商品情報をデータベース化できます。

自動組版とデータベースマッピング

データベースと連携した組版が可能であり、レイアウトオペレーションを効率化できます。

企画・制作から印刷・製本・発送、クロスメディア対応までフルサポート

スタートから一気通貫のワークフローを提供することで、お客様の目的達成へ向けてきめ細かく柔軟に対応します。

企画、デザイン・組版・データメンテナンス、自動組版・DBマッピング、校了・DB完成、印刷、製本、カタログ完成、発送。企画から校了までをスピードアップ。完成したデータベースを商品リスト・ECサイト・基幹システム・企画提案書に二次活用。

データベースパブリッシングの業務手順を企画から校了までをスピードアップし、その完成したデータベースを商品リスト・ECサイト・基幹システム・企画提案書に二次活用できることを図で表現しています。

超効率的ワークフローで作業工程大幅短縮!

カタログの制作工程において商品情報をデータベース化しDTP(デスクトップパブリッシング)と連携させるデータベースパブリッシングでは、デザイン・レイアウト・データ入力などの各作業を分離して進めることが可能です。これにより作業の平行稼動が可能となり、工程短縮を図ることができます。富士ゼロックスサービスリンクではこれまで多くの制作経験で得たノウハウをもとに、お客様の社内のワークフローを含めた最適なフローを提案します。

デザイン・組版・データメンテナンス・テンプレート化・自動組版DBマッピング・データ入力の作業を分離することで同時進行が可能

デザイン・組版・データメンテナンスの作業を分離することで、同時進行が可能であることを図で表現しています。

商品情報管理システムは導入しやすさがポイントです!

カタログ制作から完成させた商品データベースは、CSVデータにて納品します。当社ではこの商品データベースを効率的に管理運用できる仕組みとして商品情報管理システムを用意しています。基幹システムやウェブカタログとの連携、動画や音声データの管理はもちろんのこと、お使いの表計算ソフトウェアに似た操作により複数の商品を一度に編集できる一覧編集画面をベースにページネーション機能や商品選定機能などカタログ制作支援ツールも充実しています。カタログとの連携はもとより、画像収集や各メディアへのアウトプットなど、ご担当者様のメンテナンス作業を強力にバックアップします。

商品情報管理システム([商品情報]写真・映像・音声・スペック・説明・ロゴ・画面 [カタログ制作支援]商品選定機能・ページ管理機能 [データ連携]インポート・エクスポート・在庫情報)は、基幹システム・カタログ制作・ウェブカタログ・ECサイト(Amazon、楽天、Yahoo!)・動画サイト(YouTube)と連携。広報・商品開発・カタログ制作・営業の各担当者の業務を効率化できる。

商品情報管理システムを活用すると、広報、商品開発カタログ制作、営業の各担当者の業務が効率化できることを図で表現しています。

ワークフローを支えるのは、データベースとDTPのスムーズな連携技術です

データベースパブリッシングからは自動組版をイメージしがちですが、当社ではまず紙面の特性を分析し、検索性や一覧性を求められる定型レイアウトの紙面には、「あらかじめデザインされたテンプレートへ、商品データを正確に流し込む」自動組版(効率重視)を、特定商品の訴求やデザイン性を要求される非定型レイアウトの紙面には、「当該ページに必要な商品データをデータベースから組版ソフトに展開し、自由にレイアウトを行う」DBマッピング(デザイン重視)を提案しています。いずれの手法もデータベースと連携して商品情報を紙面へ正確かつ速やかに展開することが可能です。

商品情報データベースを活用し、自動組版(定型レイアウト)またはDBマッピング(自由レイアウト)にする

商品情報データベースを活用し紙面の特徴により自動組版とするかDBマッピングにするかを使い分けることを図で表現しています。

お問い合わせはこちらから。

お問い合わせ