経営におけるドキュメントの重要性

ドキュメントのプロフェッショナルとして独自の視点からお客様の経営課題解決に貢献します

近年、企業においては基幹業務へのIT投資による合理化や効率改善が行われてきましたが、基幹システム周辺の部門間では、以前と変わらず人の介在を必要とする煩雑なプロセスがあり、ドキュメントによるコミュニケーションが必要とされています。またIT投資がそれほど進んでいない企業では、基幹業務間においてもITでの連携ではなくドキュメントによるコミュニケーションによって繋がれています。
基幹業務のIT化・電子化が進む一方で、ビジネスには依然として人の介在を必要とする煩雑なプロセスがあり、そこには多くの改善機会が存在します。
富士ゼロックスはこのドキュメントによるコミュニケーションの改善機会に注目し、お客様の経営課題解決とビジネスの成長に貢献するサービスを提供しています。

企業におけるドキュメントと改善機会が存在する領域

[IT化・電子化が進んだ領域]CRM、ERP、SCM、MRP、PLM、SFA [IT化・電子化で解決が難しい人やドキュメントが介在する領域]マーケティング:ダイレクトメール、商品カタログ、販売戦略資料 営業:見積/仕様書、レター、伝票 人事・法務:稟議書、議事録、社員教育資料、契約書、監査資料 設計・製造:ユーザーマニュアル、保守マニュアル、技術資料、図面 経理:支払通知、請求書、領収書、注文書などの証憑類 総務:一般オフィスで出力管理、各種報告書、経営戦略資料

富士ゼロックスの培ってきたドキュメントの豊富なノウハウや経験を活かし、企業内外のコミュニケーションを改善することによりコストを削減し、業務スピードの効率化や、サービスやプロダクトの品質・精度の向上を実現し、企業競争力を強化することが可能です。